×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

道草とは何か

『道草』(みちくさ)は、夏目漱石の長編小説。「朝日新聞」に、1915
(大正4)年6月3日から9月14日まで掲載された。
「吾輩は猫である」執筆時の生活をもとにした漱石自身の自伝であると
される。主人公健三は漱石、金をせびりに来る島田は漱石の養父である
塩原昌之助であるという。

私小説風のため、小宮豊隆らからはあまり勧められないなどと書かれ、
不評であった。しかし、これまで漱石のことを余裕派と呼び、その作風・
作品に批判的であった、いわゆる自然主義と呼ばれる作家達からは高く
評価された。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサードリンク

[PR]  セルライト スキンケア セルライト 退職 中性脂肪 人間ドック SEO対策 育毛 わきが 円相場 リアルタイムチャート 青汁 早漏 モテ・非モテ